栃木県の郷土料理(名物料理)【歴史なども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

宇都宮餃子会正会員 宇都宮餃子さつき さつき餃子 1箱30個入×2 【計60個】

栃木県は、関東地方に
属する都道府県のひとつです。

日光東照宮鬼怒川温泉など
観光地もたくさんあったります。

 

また、いちごの生産量が日本一で
いちご狩りなども楽しめます。

 

この記事では
栃木県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説していきます。

 

栃木県の郷土料理(名物料理)とは?

栃木県には
たくさんの郷土料理があります。

ここでは2つの名物料理を紹介します。

  • 宇都宮餃子
  • 耳うどん

これらの郷土料理の歴史なども解説します。

栃木県の郷土料理(名物料理)宇都宮餃子

宇都宮餃子会加盟店の玉ちゃん餃子 80個入り

 

栃木県宇都宮市は餃子の街として有名で
宇都宮餃子は全国でも名高い名物料理です。

「宇都宮餃子」に明確な定義はなく
宇都宮市内で作られている餃子や
宇都宮市内の餃子店の支店なども
含めて宇都宮餃子と呼んでいます。

 

そのため、店によって個性もあり
焼餃子、水餃子、スープ餃子に揚げ餃子など多種多様です。

 

また、一般的な餃子は肉やにんにくが
たくさん入っているものが多いですが、
宇都宮餃子はニラ・ねぎ・キャベツなど
野菜中心で甘みがあるのが特徴です。

野菜中心で脂っこく胃もたれしにくく
値段も安く抑えられることから、
宇都宮餃子は根強い人気があるのでしょう。

 

 

宇都宮餃子の歴史

宇都宮餃子会正会員 宇都宮餃子館 食べ比べ 人気の3種セット【48個入り】

宇都宮餃子は、宇都宮出身の将兵が
中国東北部の満州から帰国に際して、
中国の本場の餃子の製法を
持ち込んだのが始まりと言われています。

終戦後は宇都宮の各所で
餃子の店が開かれるようになったそうです。

 

しかし宇都宮の餃子が
有名になったのは、最近のことです。

1991年(平成5年)
「宇都宮餃子会」が発足され、全国にPRし有名になりました。

 

 

栃木県の郷土料理(名物料理)耳うどん

のぼり旗 耳うどん 栃木名物 SNB-3925 (受注生産)

 

耳うどんとは
栃木県佐野市(旧葛生町)の
仙波における郷土料理です。

仙波地区では、このうどんを
正月に食べるのが習慣になっています。

うどん生地を麺ではなく耳の形にして、
野菜や肉と一緒に煮込んで食べる名物料理です。

 

耳うどんの歴史

耳うどんは、
江戸時代の終わりにできたもので、
元々は正月用の保存食として作られました。

その後、大正時代魔除けとして
食べられるようになったといわれています。

耳うどんは、悪い神様の耳を意味しており、
耳を食べてしまえば、家の話を悪い神様に
聞かれることがないから
一年間悪いことが起こらないと、
いい伝えられています。

また、
耳を食べてしまえば悪口が聞こえないため
近所づきあいが円満にいくという
意味もこめられているようです。

 

まとめ

 

この記事では
栃木県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.