常陸牛ってどんな和牛?【特徴や値段の相場なども解説】

WRITER
 






この記事を書いている人 - WRITER -

常陸牛 A5グレード サーロインブロック(約1キロ)塊肉/ホームパーティー/業務用(お歳暮・お中元・御祝い・お礼/のし無料) -日時指定

常陸牛を、ご存知ですか?

 

常陸牛は、茨城県が誇る
厳選されたブランド牛肉です。

 

近年は、海外へ輸出をしていたり、
その訴求活動は
日本国内だけではとどまりません。

 

常陸牛ってどんな和牛か
特徴値段の相場なども解説していきます。

 

常陸牛とは?

蔵竜さん(@yakinikukuratatsu)がシェアした投稿


常陸牛とは
茨城県の指定された生産者が
飼育した黒毛和種のうち、
一定の基準を満たした牛肉に
つけられる牛肉の銘柄です。

 

読み方は
ひたちぎゅう」または
ひたちうし」です。

「ひたちぎゅう」と呼ばれることが
一般的ですが、一時期は「ひたちうし」と
呼ばれていたため、どちらでも呼ばれています。

 

近年は、
タイやベトナムへ輸出も行っています。

 

常陸牛の定義

すき焼き 常陸牛 A5グレード 肩ロース すきやき・しゃぶしゃぶ用 約800g(約400g×2)ホームパーティーにも最適(お歳暮・お中元・御祝い・お礼/のし無料) -日時指定可能-

次の条件を満たす牛肉を
「常陸牛」と定義しています。

  • 指定生産者茨城県内
    最も長く肥育した黒毛和種
  • 歩留等級が「A」または「B
  • 肉質等級が「」か「
  • 茨城県常陸牛振興協会が認定したもの

30か月以上に渡り磨かれた
飼料管理技術と飼料によって育てられ、
A・Bランクの5・4等級に格付けされた
選りすぐりのものだけが、
「常陸牛」と認められます。

 

肉質等級とは
ロースしんの切断面の4項目に従い、
5~1等級に区別されるものです。

よく上質なお肉のイメージがある
「A5ランク」とは、
歩留(ぶどまり)等級がA等級かつ
肉質等級が5等級の牛肉をそう呼びます。

 

常陸牛の特徴


常陸牛は
次のような特徴を持ちます。

  • 程よく脂肪の入った赤身
  • 柔らかい霜降り
  • 豊かな風味
  • きめ細かな肉質

関東地方北部に位置し、
東側は広い範囲におよぶ海岸線をもちます。

海・山・川など大自然に恵まれ
品質の高い食材が生まれます。

 

自然に恵まれた茨城県で、
農家の人が手間と愛情をかけ育てた
常陸牛は、世界に誇れる和牛といわれています。

 

常陸牛の値段の相場

ハンバーグ みそ漬け セット常陸牛 茨城豚 肉のイイジマ 無添加 手捏ね

 

常陸牛は、どのくらいの
値段が相場なのでしょうか。

100gあたりのそれぞれの部位の
値段の相場は次の通りです。

※値段の変動があります。参考価格です。

  • シャトーブリアン…5,800円
  • サーロイン…2,600円
  • フィレ…3,000円
  • ロース…1,800円
  • 肩ロース…1,700円
  • モモ…1,600円

リブロース・サーロイン・ヒレ・
ランプの部位は、赤身に程よく
脂肪の入った霜降りです。

やはりステーキで
味わってみて下さい。

 

肩ロース・ももはやや堅めなので、
薄切りにして、すき焼きや焼き肉として
食べると良いそうです。

 

すね・バラ肉・外もも
煮て食べると美味しいです。

部位に合った調理法で、
美味しく食べてみて下さい。

 

まとめ

常陸牛ビーフカレー 中辛 250g

 

この記事では
常陸牛ってどんな和牛か
特徴値段の相場も解説しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -