「ホルモン焼き」の語源や由来は何?

WRITER
 
ホルモン焼き
この記事を書いている人 - WRITER -

「ホルモン焼き」の語源や由来は何?

柴犬

「ホルモン焼き」の語源や由来

「ホルモン焼き」の語源は諸説あり
以下の2つが有力だとされています。

  • ホルモンバランスの「ホルモン」
  • 関西弁の「放るもん」

ホルモンバランスの「ホルモン」が語源説

精力がつきそうなプラスイメージをつけるために
「ホルモン焼き」という名がつけられたという説。

 

関西弁の「放るもん」が語源説

臓物は肉を取ったあとの捨てる部位だったので
関西弁で「捨てるもの」を意味する
「放(ほお)るもん」がホルモンの由来となった説。

 

「ホルモン」の語源や由来について

そもそも、ホルモンとは何か?

 

ホルモンとは、生理活性物質のことです。

生理活性物質?

柴犬

動物の内分泌腺から分泌されて
他の器官に作用を及ぼす
生理活性物質がホルモンです。

 

もともとの「ホルモン」の語源は
ギリシャ語のhormone(ホルマオ)。

ホルモンの意味に関係する
「刺激する」「呼び覚ます」の意味をもつ
hormone(ホルマオ)が由来となりました。

 

最後に

「ホルモン焼き」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -