「カメラ」の語源や由来は何?

WRITER
 
「カメラ」の語源や由来
この記事を書いている人 - WRITER -

「カメラ」の語源や由来は何?

柴犬

「カメラ」の語源や由来について

「カメラ」の語源は
ギリシャ語の「kamara」です。

※「kamara」の意味:円天井(まるてんじょう)

円天井とは、ドームのような屋根のことです。

この「kamara」を語源として
ラテン語で「部屋」を意味する
「camera」という言葉が誕生し
暗箱を意味する「camara obscura」が誕生。

  • camaraの意味:部屋
  • obscuraの意味:暗い

アズワン ハンディーUVランプ用アクセサリー 暗箱 1個 / 1-5479-20

このラテン語(camaraobcura)が語源となり
英語でcamera、ドイツ語でKameraが誕生。

そこから日本に伝わったことが
カメラの名前の由来となります。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

日本にカメラがきた時期は
江戸時代の後半くらいですが
当時はカメラという名ではなく
「写真鏡」や「暗箱」などと呼ばれていました。

 

そして明治時代の後半くらいから
「写真機」という言葉が使われ始め
その写真機のことをカメラというように。

カメラの語源は英語だと思う方も多いですが
その本当の起源を辿るとギリシャ語が正解です。

 

最後に

「カメラ」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.