ナポレオンさんについて。

WRITER
 
Napoléon Bonaparte
この記事を書いている人 - WRITER -

図説 ナポレオン (ふくろうの本)

 

ナポレオン・ボナパルトさんは
フランスの軍人・政治家です。

 

1769年8月15日にフランスで誕生し
1821年5月5日に51歳で亡くなりました。

 

この記事では
ナポレオンさんについて紹介します。

 

ナポレオンさんの経歴

ナポレオン言行録 (岩波文庫 青 435-1)

ナポレオンの学生時代

ナポレオンさんは、
フランスのブリエンヌ陸軍幼年学校出身です。

通常4年かかるところを
なんと11か月という速さで
この学校を卒業したそうです。

フランス革命

その後ナポレオンさんは
砲兵官に任官すると
まもなくフランス革命が起こります。

 

フランスは共和国となり
ルイ16世が処刑されると
革命を恐れる周辺国家が
一斉にフランスへ攻め寄せます。

ナポレオンの昇進

ナポレオンさんは
港を見下ろす高地から
敵艦を砲撃して追い払い、
反乱を鎮圧します。

この功績によって
一挙に砲兵隊司令官へと昇進します。

 

その後
ロベスピエールさんの処刑により
ナポレオンさんも逮捕されますが
再び軍に登用され、
得意の大砲で反乱を鎮圧します。

その活躍により、
彼は国内軍司令官に昇進し
ヴァンデミエール将軍」と呼ばれます。

ナポレオンの快進撃

ナポレオンさんは
イタリア方面軍司令官に就任します。

各地でオーストリア軍を破り
フランスはイタリア北部に
大きな領土を確保できる条約を結びます。

当時ナポレオンさんが
フランスのパリへ帰ると
熱狂的な歓迎をうけたそうです。

 

その後もエジプト制圧など
各国へ進軍し続け、
イギリス以外の全ヨーロッパを支配します。

ナポレオンの敗北

しかし、
大陸支配は長く続かず、
ロシアへの遠征で、
ナポレオンは敗北します。

 

パリの国民からは支持されていた
ナポレオンさんですが、

  • プロイセン
  • オーストリア
  • ロシア

の連合軍に敗れて
エルバ島へ流れます。

そして
ルイ18世が王位につき、
再び復古的な政治を行います。

ナポレオンの「百日天下」

その後再びパリに戻って
帝位についたナポレオンさんですが、
すぐに連合軍に完敗し、
フランス第一帝政は崩壊します。

※このつかの間の政権獲得を
「百日天下」といいます。

ナポレオンの最期

孤島のセントヘレナに流された
ナポレオンさんは、
島で常に監視され
不自由な生活のまま51歳で亡くなりました。

ナポレオンさん関連の著書

ナポレオンさんに関する著書が
いくつもあるので、ここでは2つ紹介します。

  • ナポレオン時代
  • ナポレオンの生涯

これらの著書について
以下で解説します。

 

ナポレオン時代

ナポレオン時代 - 英雄は何を遺したか (中公新書)

ナポレオン時代」は
アリステア・ホーンさんが書いた
フランス史です。

近現代フランスの大家が
ナポレオンの台頭から没落までを
エピソード豊かに描き、
後世にもたらされた「遺産」を検証します。

ナポレオンの生涯

ナポレオンの生涯:ヨーロッパをわが手に (「知の再発見」双書)

ナポレオンの生涯」は
ティエリー・レンツさんが書いた
フランス史です。

ナポレオンさんは
革命によって傷ついたフランスを
わずか15年足らずで再建しました。

偉大な英雄と現在でも讃えられる
彼の没落までの生涯を紹介しています。

まとめ

ナポレオン~覇道進撃~ 14 (ヤングキングコミックス)

この記事では
ナポレオンさんについて紹介しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.