「人間(にんげん)」の語源や由来は何?

WRITER
 
「人間(にんげん)」の語源や由来
この記事を書いている人 - WRITER -

「人間」の語源や由来は何?

柴犬

「人間(にんげん)」の語源や由来について

サンスクリット語の「manusya」を
漢訳(漢字で翻訳した言葉)が「人間」です。

 

「人間(にんげん)」の語源や由来は
仏教がその根源に存在しています。

もともと「人間」は仏教語で
「世間」や「この世」を意味します。

仏教の教えの中には十界(10つの世界)があり
そのうち6つを、三悪道と三善道に分けます。

三悪道(さんあくどう)
  • 地獄界(じごくかい)
  • 飢餓界(きがかい)
  • 畜生界(ちくしょうかい)
三善道(さんぜんどう)
  • 阿修羅界(あしゅらかい)
  • 人間界(にんげんかい)
  • 天上界(てんじょうかい)

 

つまり簡単にまとめると
仏教の中には10つの世界が存在して
その1つの世界に「人間界」があり
それが人間の語源や由来となっています。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

豆知識ですが
人間(にんげん)は呉音で
人間(じんかん)が漢音です。

 

呉音(ごおん)と漢音(かんおん)は
どちらも日本漢字音(音読み)で
中国語の音を日本に伝えたもの。

漢音という言葉はよくきくけど
呉音はあまり聞かない言葉かもですね。

呉音とは、遣唐使などが
当時の長安付近の発音(漢音)を
学んで日本に持ち帰る前からにすでに
日本に定着していた漢字音のことです。

 

後半難しくてちょっと何いっているのかわからない

柴犬

でも「人間(にんげん)」の語源や由来には、仏教が関係していることはわかった♪ありがとう♡

柴犬

 

最後に

「人間(にんげん)」の語源や由来について、わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -