沖縄県の郷土料理(名物料理)【歴史なども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

沖縄製粉 黒糖アンダギーミックス 500g

 

沖縄県は日本で最も
西に位置する県であり、
宮古島、石垣島など多くの
島々から構成されています。

 

国内随一のきれいな海に囲まれ、
日本一大きな水族館
美ら海水族館」も有名な観光名所です。

 

この記事では
沖縄県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説します。

 

 

沖縄県の郷土料理(名物料理)とは?

 

沖縄県には、
独特な名物料理が数多くあります。

ここでは2つの
郷土料理を紹介します。

  • ゴーヤーチャンプルー
  • サーターアンダーギー

これらの郷土料理の歴史なども解説していきます。

沖縄県の郷土料理(名物料理)ゴーヤーチャンプルー

日本食研 ゴーヤーチャンプルーの素 100g×6個

 

ゴーヤーチャンプルーとは
ゴーヤーなどの野菜豆腐などを
炒めて仕上げに溶き卵を加える沖縄の郷土料理
です。

全国的に
ゴーヤチャンプルーが最も有名ですが、
他にもタマナー(キャベツ)チャンプルーや
マーミナー(もやし)チャンプルーなど色々な種類があります。

 

 

沖縄では昔から
野菜と豆腐を炒めたチャンプルー料理が
食べ続けられています。

 

チャンプルーとは、沖縄の方言で
混ぜこぜしたもの
という様な意味で、野菜や豆腐に限らず、
色々な食材を一緒にして炒め合わせます。

 

ゴーヤーにはビタミンCが豊富に
含まれていて、栄養満点な料理です。

 

 

ゴーヤーチャンプルーの歴史

ダイショー ぱぱっと逸品 ゴーヤーチャンプル の たれ 55g×10個

 

チャンプルーの語源については
ちゃんぽん」の沖縄方言読みである
チャンプン」の活用形と考えられていますが
外国語に由来するという説もあります。

実は元々、
ゴーヤーチャンプルーは
あり合わせの野菜に、
安い値段で手に入る豆腐や
塩漬けの豚肉などを加えた
沖縄ならではの家庭料理でした。

しかし、最近では、
全国各地で食べられています。

 

 

沖縄県の郷土料理(名物料理)サーターアンダーギー

沖縄製粉 サーターアンダギーミックス 500g

 

サーターアンダーギーとは
沖縄県の揚げ菓子の一種です。

琉球の揚げドーナツといえます。

 

沖縄の方言で
砂糖を「サーター」、
油は「アンダ」、
揚げるを「アギー」といいます。

砂糖入り揚げ菓子」という意味で
縁起の良いお菓子とされています。

 

砂糖がふんだんに使われていて
気泡が小さく密度が高いため、
食べ応えと満腹感のあるお菓子です。

表面はサクサクしていて、
中身はもっちりとしっとりしています。

 

現在は沖縄を中心に食べられていますが、
沖縄県からの移民が多かったアメリカの
ハワイ州でも「andagi」として知られています。

 

サーターアンダーギーの歴史

当銘食品のさーたーあんだぎー(黒糖&プレーン)8個入り <サーターアンダギー>

 

サーターアンダギーの歴史は
中国に「開口笑」という類似の
お菓子があるため、琉球時代に
これが伝わったものと考えられています。

また、サーターアンダギーは
中国からの使者をもてなすときのために、
デザートとして作られたそうです。

 

 

まとめ

 

この記事では
沖縄県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.