「厄介(やっかい)」の語源や由来は何?

WRITER
 
「厄介(やっかい)」の語源や由来






この記事を書いている人 - WRITER -

「厄介(やっかい)」の語源や由来は何?

柴犬

「厄介(やっかい)」の語源や由来について

「厄介(やっかい)」の語源や由来をたどると
なんと室町時代までさかのぼることになります。

厄介(やっかい)の意味については
時代とともに変化していきます。

室町時代ではもともと
面倒をみたり世話になったりする意味で
「やっかい」という言葉を使っていました。

 

「やっかい」の語源については
諸説あり定まっていない状況です。

「家に居る」の意味を表す
やか(家)ヰ(居)
やっかいの語源になったのでは?と
専門家たちの間では考えられています。

 

「やっかい」の漢字表記は「厄介」ですが
これは江戸時代につけられたことが由来です。

 

江戸時代になると「やっかい」という言葉は
「食客」という意味ももつようになっていきます。

食客とは簡単にいうと、
居候(いそうろう)のことです。

※食客(しょっかく):他人の家に居着いて食わせてもらっている人。

そういった流れから
「苦しみを助ける」という意味を表す
「厄介」という漢字が当てられました。

  • 厄:苦しみ
  • 介:助ける

 

明治時代になってから
「厄介な人」などのように
面倒な様子を表現する用法が生まれ
現在ではその意味が浸透しています。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

最後に

「厄介(やっかい)」の語源や由来について、分かりやすく簡単に解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.