明石城ってどんな城?城主は誰?【明石城の歴史や、観光での見どころをわかりやすく解説】

WRITER
 
明石城 
この記事を書いている人 - WRITER -

史話 明石城

明石城(あかしじょう)は
兵庫県明石市明石公園にある城です。

 

明石城はどんな城だったのか?
誰が建てたものなのか?

 

この記事では
明石城の歴史城主だけでなく
観光での見どころについても
わかりやすく解説していきます。

 

明石城の歴史について

明石城をめぐる歴史の旅 (ビジュアル・ブックス (2))

 

明石城の歴史は江戸時代にまで遡ります。

1617年、小笠原忠真
信濃松本より明石に国替えとなります。

そして現在の明石城より
南西約1kmの所に位置する
船上城に入ったことが明石藩の始まりです。

 

現在の明石城は、1618年、
第2代将軍徳川秀忠小笠原忠真
新城の築城を命じた為に造営、翌年に完成します。

 

 

1619年、小笠原忠真
明石城の城主となります。

 

 

その後約250年続いた明石城ですが、
明治維新に伴い、
1873年に廃城令が出された為、
明石城も廃城が決定します。

 

 

1881年、
明石城の象徴でもあった
櫓の解体が決定されます。

しかし不服とする明石郡の人たちが
明石城跡と櫓を保存して公園として
公開することを目的に土地の借用を国に願い出ます。

 

地元有志によって国から借地して
民営明石公園として開設します。

その後この地は皇室の御料地となり
1918年に兵庫県が御料地を借り受け
県立明石公園として開園します。

1932年、
兵庫県が御料地の全域を買い受けて
現在の明石公園の区域を開園しました。

 

 

明石城の観光での見どころは?観光前に要チェック!

講座 明石城史

 

ここでは
明石城の見どころ
紹介していきます。

観光前に要チェックです!

 

巽櫓(たつみやぐら)【明石城の見どころ】

明石城跡には
巽櫓(たつみやぐら)が現存しています。

巽櫓は本丸の南東端に3層で
築かれています。

巽櫓は戦国時代に築かれた船上城から
移築されたものといわれています。

 

坤櫓(ひつじさるやぐら)【明石城の見どころ】

坤櫓は、天守閣が造られなかった
明石城では最大の規模を持つ櫓です。

天守台のすぐ南にあり、
天守閣を担う役割を
果たしたと考えられています。

巽櫓と棟の方向がまったく異なり、
戦国時代に築かれた伏見城から
移城されたものと考えられています。

 

 

武蔵の庭園【明石城の見どころ】

明石公園内には
宮本武蔵の庭園もあります。

剣豪・宮本武蔵が明石城内に
造ったとされる庭園、樹木屋敷が
明石公園内に復元されています。

 

明石城主・小笠原忠真に伝わる
古文書「清流話」に基づいて
2004年に完成しました。

 

お茶屋、四阿(あずまや)も楽しめます。

 

最後に

史伝 明石掃部 ー最後のキリシタン武将ー

 

この記事では
明石城の歴史や城主、
観光での見どころについても
なるべく分かりやすく解説しました。

城の歴史に興味のある方や
これから観光する予定の方などにとって
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.