「泥酔(でいすい)」の語源や由来は何?

WRITER
 
泥酔している女性
この記事を書いている人 - WRITER -

「泥酔(でいすい)」の語源や由来は何?

柴犬

「泥酔(でいすい)」の語源

泥酔という言葉は平安時代から
使用されていたとされています。

平安時代末期にできた辞書である
色葉字類抄(いろはじるいしょう)にも
この泥酔という言葉が使われています。

色葉字類抄〈1〉 (尊経閣善本影印集成)

 

泥酔(でいすい)の語源は
「泥(でい)」という虫です。

※泥とは、南海に生息した骨のない虫のことです。

 

「泥酔(でいすい)」の由来

泥酔という言葉の由来は
泥という虫の特徴からきています。

骨のない虫「泥」は水がない場所では
酔って泥のようになる特徴があります。

その特徴の様子から
泥酔という言葉が生まれました。

平安時代中期の資料である
「宇津保物語」の中でも
泥酔状態を以下のように表現し
泥(でい)が比喩として登場します。

皆人泥のごと酔ひて

最後に

 

「泥酔(でいすい)」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.