宮崎県の郷土料理(名物料理)【歴史なども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

宮崎名物焼き鳥 鶏の炭火焼100g 手仕込み+冷凍でなければ出来なかった焼き立てのお店の味 (100g×6パック)

 

宮崎県は九州地方
属する都道府県のひとつです。

 

マンゴーが名産品として有名で
宮崎牛宮崎地鶏など
豊富な食材に囲まれています。

 

 

この記事では
宮崎県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説します。

宮崎県の郷土料理(名物料理)とは?

宮崎県にはいくつもの
郷土料理があります。

ここでは2つの
名物料理を紹介します。

  • 冷や汁
  • チキン南蛮

これらの郷土料理の歴史なども解説していきます。

 

宮崎県の郷土料理(名物料理)冷や汁

響 みやざき冷や汁3個入箱 480g

 

冷や汁は、宮崎県の郷土料理で
出汁と味噌で味をつけた冷たい汁物です。

もっと簡単にいうと
冷たい味噌汁をご飯に
ぶっかけて食べられています。

 

魚のすり身にあぶった味噌、
すりごまなどを合わせたものを、
魚の頭や骨、昆布などでとった
だし汁で伸ばし、豆腐を加えて、
冷えた麦飯にかけて食べます。

 

使用する魚は多様ですが、
一般的にはアジトビウオ
カマスなどが多いです。

 

特に夏の暑さが厳しい宮崎県では
夏バテ解消も含めて
昔から食べられているようです。

現在でも宮崎県の家庭では
一般的に食されています。

また、冷や汁は
農林水産省の「郷土料理百選」で宮崎県の郷土料理に選ばれました。

 

 

冷や汁の歴史

マルコメ つきぢ田村監修 冷や汁の素 200g×8個

冷や汁の歴史は
鎌倉時代の書、鎌倉菅領家記録
「武家にては飯に汁かけ参らせ候、
僧侶にては冷汁をかけ参らせ候」と記されていました。

このような冷や汁を称される、
味噌を調味料とした料理が
僧侶たちによって全国に広まり、
気候風土が適した地域にのみ残って伝承されたといわれています。

 

 

宮崎県の郷土料理(名物料理)チキン南蛮

チキン南蛮(宮崎県産鶏もも肉)4食入り

 

チキン南蛮(ちきんなんばん)は、
宮崎県発祥の郷土料理で、
鶏南蛮とも呼ばれます。

 

衣をつけた鶏肉を揚げて、
熱々の状態で甘酢のタレにからめ
タルタルソースをかけて食べます。

宮崎県では飲食店や総菜屋で
定番メニューとなっています。

また、スーパーでもチキン南蛮用の
タルタルソースや南蛮漬けの
タレなども販売されています。

 

全国的にも有名な名物料理で、
現在は、日本各地で食べられています。

 

農林水産省による農山漁村の郷土料理百選の「御当地人気料理特選」にも選定されました。

 

 

チキン南蛮の歴史

業務用 宮崎名物チキン南蛮 1200g オーガニックサイバーストア

 

現在一般的になっている
タルタルソースをかけて食べる
チキン南蛮は、昭和31年に開業した
食事処「おぐら」の甲斐義光が考案したといわれています。

 

 

また、蛮と名付けられた由来は
魚の南蛮漬けが原型であるためという説が有名です。

 

 

まとめ

 

この記事では
宮崎県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.