北畠親房ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
男性の後ろ姿
この記事を書いている人 - WRITER -

北畠親房―大日本は神国なり (ミネルヴァ日本評伝選)

 

北畠親房(きたばたけちかふさ)とは
鎌倉時代後期から室町時代前期までを生きた公卿、武将です。

誕生時期:1293年3月8日
死亡時期:1354年

 

 

北畠親房とはどんな人だったのか
何をした人だったのか?などなど
北畠親房について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

北畠親房ってどんな人?

天皇の思想―闘う貴族北畠親房の思惑

北畠親房の誕生日

北畠親房は
1293年3月8日月(正応6年1月29日)
右衛門督である北畠師重(きたばたけもろしげ)
藤原隆重の娘との子として誕生します。

北畠家は、村上源氏の流れを汲む名門
北畠親房は生後半年で従五位下に叙任します。

 

北畠親房は8歳で元服し、
父の出家に伴って15歳で家督を相続します。

 

北畠親房と世良親王

1318年に即位した後醍醐天皇から
後の三房」と謳われるほどの信頼を得た
北畠親房は、後醍醐天皇の息子である
世良(ときなが)親王の養育を任せられます。

そして1323年には権大納言に昇進し、
ついには源氏長者へと昇りつめます。

 

しかし1330年、世良親王の急死を悲しみ
北畠親房は出家し、一時政界を引退します。

 

北畠親房と後醍醐天皇

その後、鎌倉幕府が滅亡して
後醍醐天皇による建武の新政が始まると
北畠親房は政界に復帰をします。

 

しかしこの政策に不満を持った
足利尊氏が後醍醐天皇と対立します。

 

北畠親房は奥州駐屯を命じられた
長男の北畠顕家(あきいえ)と共に、後醍醐天皇の
皇子である義良親王(のちの後村上天皇)
奉じて陸奥国多賀城に向かいます。

 

北畠親房と南北朝

1336年、北畠親房は
足利尊氏討伐のために京都へ上洛して
新田義貞と楠木正成とともに、
足利尊氏の追い払いに成功します。

しかし形勢を建て直した
足利尊氏に攻め込まれてしまい、
後醍醐天皇は退位に追い込まれます。

 

足利尊氏が光明天皇を擁立して
京都に北朝を開きます。

 

これに対抗して、北畠親房は
後醍醐天皇を奉じて現在の奈良県である
吉野に南朝を開かせたのです。

これが、朝廷が2つ存在するという
南北朝時代の誕生です。

 

北畠親房の「神皇正統記」

1338年、北畠顕家と義良親王が
京都に攻め込み息子の北畠顕家が戦死。

翌年には後醍醐天皇が亡くなった為、
義良親王が後村上天皇として即位します。

 

北畠親房は南朝の勢力を拡大すべく、
小田氏の小田城を拠点とし、約5年にわたり
関東や東北の勢力結集に努めます。

 

北畠親房は、南朝の正統性を主張した
神皇正統記』を、この時期に
執筆したと考えられています。

 

この歴史書には天皇と公卿が、
武士を統率するのが理想の国家である
という旨を記しています。

 

北畠親房の最期

その後小田氏に見限られた北畠親房は、
常陸国など関東での勢力拡大が
できないまま、吉野へと帰還します。

 

北畠親房は、吉野で劣勢となった
南朝の後村上天皇を支え続けます。

 

しかし楠木正成らの南朝方は敗れて
吉野からさらに山奥である賀名生行宮に落ち延びます。

そのような状況の中、北畠親房は
1354年に亡くなります。享年62歳。

 

北畠親房の死後、南朝の指導者がいなくなり、ますます衰退の道を辿るこことなります。

 

最後に

北畠親房―大日本は神国なり (ミネルヴァ日本評伝選)

 

北畠親房とはどんな人だったのか
何をした人だったのか?などなど
北畠親房について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.