東郷平八郎ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
横須賀の三笠公園にある東郷平八郎像
この記事を書いている人 - WRITER -

東郷平八郎 (講談社学術文庫)

 

東郷平八郎(とうごうへいはちろう)
江戸時代後期に誕生し
昭和時代初期まで生き続けた薩摩藩士、海軍軍人です。

誕生時期:1848年1月27日
死亡時期:1934年5月30日

 

日露戦争では連合艦隊司令官として
バルチック艦隊を撃破したことで
東洋のネルソン」と称されました。

 

東郷平八郎とはどんな人だったのか?
何をした人だったのか?などなど
東郷平八郎について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

東郷平八郎ってどんな人?

東郷平八郎伝―日本海海戦の勝者 (光人社NF文庫)

東郷平八郎の誕生日

東郷平八郎は
1848年1月27日(弘化4年12月22日)
薩摩国(現在の鹿児島県)の加治屋町で
薩摩藩士の東郷実友の四男として誕生します。

 

東郷平八郎は、1863年に起きた
薩英戦争に16歳で初めて出陣し、
21歳で薩摩藩の海軍所に入所します。

 

東郷平八郎とイギリス留学

東郷平八郎は1868年の戊辰戦争にも
新政府軍として従軍します。

明治維新後、1871年から7年間
海軍の第1回留学生としてイギリス
国家間の法律を学びます。

 

東郷平八郎と日清戦争

帰国後、海軍中尉となった東郷平八郎は
1894年の日清戦争に参加します。

浪速艦長として豊島(ほうとう)沖、
黄海、威海衛(いかいえい)などに出撃し、活躍します。

 

東郷平八郎と日露戦争

日露戦争では連合艦隊司令官となり
自ら主要作戦を指揮します。

 

日本海海戦で当時世界最強と言われていた
ロシアのバルチック艦隊を破って
勝利し名声を上げます。

これはアメリカやイギリスなどの
列強諸国を驚かせ、東郷平八郎の名は
アドミラル・トーゴー」として世界的に知れ渡ったのです。

 

のち軍司令部長、東宮御学問所総裁を務めます。

 

東郷平八郎の最期

東郷平八郎は
1934(昭和9)年5月30日に亡くなります。

喉頭がん、膀胱結石、神経痛、気管支炎の
悪化が原因と言われています。享年88歳。

 

東郷平八郎のエピソード

東郷平八郎 (読みなおす日本史)

ここでは
東郷平八郎のエピソード
紹介していきます。

 

国内外に影響を与えた東郷平八郎

アジアの小国であった日本が
日露戦争でロシアに勝利したことは
国内外に大きな影響を与えました。

 

特に、ロシアの政策に困っていたトルコでは
大国ロシアの艦隊を撃破しただけでなく、
戦後、捕虜たちを手厚く介抱した
東郷平八郎は大人気となります。

そのため、子どもに
トーゴー」と名付けるのが流行ったそうです。

 

実はおしゃべりだった東郷平八郎

実は東郷平八郎は
おしゃべりであったそうです。

大久保利通に「東郷はおしゃべりだから
という理由で一度留学を却下されたと伝わります。

他にも、イギリスでの対人関係が
原因という説もありますが、イギリス留学後
東郷平八郎は寡黙になったと言われています。

 

東郷平八郎「肉じゃが」の生みの親?

諸説ありますが、「肉じゃが」を
生み出したのは東郷平八郎と言われています。

イギリス留学中に食べた
ビーフシチュー」の味が忘れられず
帰国後に日本の軍艦の料理係に
ビーフシチューを作らせます。

しかし当時の日本にある調味料は
醤油や砂糖などであり、出来上がったのが
肉じゃがの原型だったそうです。

 

最後に

東郷平八郎―近代日本をおこした明治の気概

東郷平八郎ってどんな人だったのか?
何をした人だったのか?などなど
東郷平八郎について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.