和歌山城ってどんな城?城主は誰?【和歌山城の歴史や、観光での見どころをわかりやすく解説】

WRITER
 
和歌山城
この記事を書いている人 - WRITER -

日本の城 改訂版 21号 (和歌山城) [分冊百科] (カレンダー付)

 

和歌山城(わかやまじょう)とは
和歌山県和歌山市にあるお城です。

 

和歌山城とはどんな城だったのか?
城主は誰だったのか?

 

この記事では
和歌山城の歴史や城主だけでなく
観光での見どころについても
わかりやすく簡単な言葉で解説していきます。

 

和歌山城の歴史について

和歌山の近世城郭と台場 (図説 日本の城郭シリーズ8)

 

和歌山城の歴史は
安土桃山時代に遡ります。

この和歌山城の城主は豊臣秀長
1585年に築城を開始します。

 

豊臣秀長とは、豊臣秀吉の弟です。

 

 

和歌山城はおよそ1年で完成しました。

 

その後豊臣秀長は郡山城(現・奈良県)に移り
家臣の桑山重晴が和歌山城の城主になります。

 

関ヶ原の戦いの後、浅野幸長
37万6千石で入国し、和歌山城主に。

 

 

浅野氏は三層の大天守から楠門、
二之御門櫓、多門、乾櫓、多門、小天守へと
続く連立式天守を建て、本丸や二の丸、
西の丸に屋敷を造営します。

さらに大手門を岡門口から
一の橋方面に移して、本町通りを
大手筋として城下町を整備しました。

 

1619年に徳川家康の十男である徳川頼宣
入城して城の改修と城下町の拡張をします。

 

 

しかし1846年の落雷で和歌山城は焼失。

当時、天守再建は禁止されていましたが、
御三家ということで特別に認められ
1850年にほぼ元の状態で復元されます。

 

1935年に国宝に指定されますが、
1945年の空襲で焼失します。

 

その後、市民からの要望などもあり、
1958年に鉄筋コンクリートで
和歌山城の外観をそのままに復元されました。

 

和歌山城の見どころとは?観光前に要チェック!

童友社 1/550 日本の名城 JOYJOYコレクション 和歌山城 プラモデル JJ6

ここでは
和歌山城に見どころ
紹介していきます。

 

天守【和歌山城の見どころ】

より深く楽しむために 日本の城 鑑賞のポイント65 コツがわかる本

 

現在の和歌山城の天守は
1968年に再建されたものです。

内部には、徳川家ゆかりの貴重な品が
数多く展示されている資料館となっています。

また、天守閣の最上階からは
和歌山市街の景色を360度眺めることができます。

 

西の丸庭園【和歌山城の見どころ】

 

和歌山城西之丸庭園は城郭内にある
江戸時代初期の大名庭園です。

紅葉が見事なことから
紅葉渓庭園」とも呼ばれています。

戦災などによって焼失しますが、
1972年に再建されたものが、国の名勝に指定されています。

 

岡口門【和歌山城の見どころ】

 

岡口門は、築城時には
表門(大手門)でしたが、浅野氏の
途中から裏門(搦手門)となります。

現存する門は、1621年に
徳川家が建造した2階建てのもので、
空襲でも焼けずに残った貴重な遺構です。

国の重要文化財に指定されています。

 

最後に

童友社 1/550 日本の名城 ゴールドシリーズ 和歌山城 プラモデル JG6

 

この記事では和歌山城の歴史や城主、
観光での見どころについても
なるべくわかりやすく解説しました。

城の歴史に興味のある方や
これから和歌山城を観光する方などにとって、
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.