大隈重信ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
早稲田大学にある大隈重信の像
この記事を書いている人 - WRITER -

大隈重信と政党政治―複数政党制の起源 明治十四年‐大正三年

 

大隈重信(おおくましげのぶ)
江戸時代後期に誕生し
大正時代まで生きた佐賀藩士、政治家です。

誕生時期:1838年3月11日
死亡時期:1922年1月10日

 

大隈重信とは何した人なのか?
どんな人だったのか?などなど
大隈重信について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

大隈重信って何した人?

大隈重信 (西日本人物誌)

大隈重信の誕生日

大隈重信は
1838年3月11日(天保9年2月16日)
佐賀城下(現在の佐賀県水ヶ江)
佐賀藩士の大隈重保の長男として誕生。

大隈重信は7歳で藩校の弘道館に通いますが、
武士としての心得を書いた「葉隠(はがくれ)」に
基づく教育方針に反発し、退学処分に。

その後は国学や蘭学などを学びます。

 

大隈重信と尊王攘夷運動

大隈重信は佐賀藩主の鍋島直正に
オランダ憲法の講義をして、
その活躍を認められます。

その後、大隈重信は鍋島直正に
討幕運動に参加するように訴えますが、
うまくいなかったため脱藩します。

尊王攘夷志士として倒幕運動に参加します。

 

大隈重信と外国事務局判事

明治維新後、
大隈重信は市政府の役人として
外国事務局判事となります。

キリスト教迫害事件に
イギリス公使のパークスが抗議しますが、
これに一歩も引かずに聞き入れなかったことで
大隈重信の名が国民に知れ渡ります。

 

大隈重信の活躍

大隈重信は1870年、参議となります。

大蔵省事務総裁、大蔵卿に就任し
征韓論からの明治六年の政変後は
財政の責任者として大久保利通を補佐。

 

大隈重信は太陰暦を太陽暦に変え
地租改正秩禄処分殖産興業などを推進。

 

大隈重信と明治十四年の政変

1881(明治14)年、板垣退助による
自由民権運動の高まりに合わせて
民主主義をもとに国会開設を訴えます。

 

しかし参議の中で国会開設に賛成したのは
大隈重信だけで、伊藤博文らと対立します。

 

さらに開拓使官有物払い下げ問題
生じ、大隈重信は失脚します。

これは明治十四年の政変と呼ばれています。

 

大隈重信と早稲田大学

失脚後の翌年に
大隈重信は立憲改進党を結成し、
さらに早稲田大学の前身となる
東京専門学校を創立します。

 

かつて対立していた伊藤博文ですが、
大隈重信の才能を評価していました。

そのため1888年から第一次伊藤、
黒田両内閣外務大臣として条約改正に関与。

1889年、不平等条約の改正に失敗した
大隈重信に対して、青年が爆弾を
投げ込み、大隈重信は右足を失います。

 

大隈重信と内閣総理大臣

1896年、第2次松方内閣の
外務大臣兼農商務大臣を務めます。

1898年には憲政党を組織し、
大隈重信は内閣総理大臣となります。

薩長以外から初の内閣総理大臣となり、
日本初の政党内閣を作ったのです。

 

大隈重信は政界を引退し、1907年に
早稲田大学の学長となります。

1914年、政界に復帰し、再び首相となっています。

 

大隈重信の最期

大隈重信は
1922(大正11)年1月10日に亡くなります。享年85歳。

政治家として奮闘するだけでなく
教育者としても早稲田大学を創設し、
日本の未来を担う若者を育成することに尽力しました。

 

最後に

大隈重信、中国人を大いに論ず 現代語訳『日支民族性論』

大隈重信とはどんな人だったのか?
何をした人だったのか?などなど
大隈重信について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.