山南敬助ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
太陽と男の後ろ姿
この記事を書いている人 - WRITER -

新撰組 山南敬助 (人物文庫)

山南敬助(やまなみけいすけ/さんなんけいすけ)
幕末期(江戸時代後期)を生きた
新選組の副長です。

誕生時期:1833年2月5日
死亡時期:1865年3月20日

 

この記事では
山南敬助とはどんな人だったのか
何をした人だったのかを
わかりやすく簡単な言葉で解説していきます。

 

山南敬助とは?どんな人?【生涯をざっくりとわかりやすく解説】

 

薄桜鬼 真改 08 山南敬助 キャラミニタペストリー

  • 山南敬助の誕生日
  • 近藤勇を慕う山南敬助
  • 山南敬助、壬生浪士組副長に
  • 山南敬助と岩城升屋事件
  • 山南敬助、新撰組総長に
  • 山南敬助、新選組から脱走
  • 山南敬助の最期

山南敬助の誕生日

山南敬助は1833年2月5日
誕生したとされています。

姓は「やまなみ」で知られていますが、
本人の署名で”山南”や”三男”などが存在する為
さんなん」の可能性も考えられています。

 

山南敬助の生い立ちは不明な点が多く
陸奥国仙台藩出身とされていますが、
東北地方に”山南”の姓は現在ない為、
沖縄や北海道から移住してきたという説もあります。

 

近藤勇を慕う山南敬助

近藤勇 (時代小説文庫)

江戸では、小野派一刀流の免許皆伝となり
後に北辰一刀流の千葉周作門人となります。

近藤勇の天然理心流剣術道場の試衛館に
試合を挑んで相対した近藤勇に敗れます。

 

この時から山南敬助は、
近藤勇の剣術の腕前や人柄に感心して、
以後は試衛館の人々と一緒に
行動を共にするようになったそうです。

 

当時、京都警護の名目で募集されていた
浪士組に参加すべきであることを
山南敬助は近藤勇に説いて
近藤勇らの試衛館の人々は江戸から京都に上洛。

これが新選組の前身となる為、
山南敬助は
新撰組結成のきっかけを作った人物といえるのです。

■前身(ぜんしん):団体・組織などの、現在のようになる前の形。

 

山南敬助、壬生浪士組副長に

埼玉の浪士たち―「浪士組」始末記

上洛後、浪士組を結成した清河八郎が
尊王攘夷を掲げて江戸に帰還することに。

これに反対した近藤勇や水戸藩浪士の
芹沢鴨らは京都に残留、山南敬助もこれに従います。

 

その後、この一隊が
京都守護職を務めていた会津藩預かりとなり、
壬生浪士組(みぶろうしぐみ)を名乗るようになります。

山南敬助は近藤派の土方歳三
芹沢派の新見錦と共に副長に就任します。

 

 

山南敬助と岩城升屋事件

 

それからの壬生浪士組は
不逞浪士の取り締まりを行います。

1863年10月には
将軍徳川家茂を警護するために大阪滞在中、
岩城升屋という呉服商に不逞浪士が
数名押し入る事件が起きます。

山南敬助は、土方歳三と岩屋升屋に
駆け付けて激戦の末に不逞浪士を撃退。

この功績によって山南敬助は、
会津藩主の松平容保から金8両を賜っています。

 

山南敬助、新撰組総長に

時空旅人ベストシリーズ 新撰組 その始まりと終わり (SAN-EI MOOK 時空旅人ベストシリーズ)

壬生浪士組は近藤派と芹沢派が対立した末、
芹沢鴨が暗殺されて近藤勇が統一します。

 

新撰組結成後、山南敬助は総長となって
近藤勇土方歳三に次ぐ地位に就任します。

しかし、これ以降山南敬助の行動は
しばらく新選組の記録には残っていません。

新撰組で有名な
池田屋事件にも山南は参加しておらず
永倉新八の記録だと、病気のせいで
屯所にいたと記されています。

 

他にも、近藤勇らの幕府一辺倒に対して
山南敬助は尊王攘夷の考えがあった為、
対立したとも考えられています。

 

さらに新選組に新しく伊東甲子太郎
入隊して山南よりも上の立場となった為、
山南敬助は次第に幹部としての立場を失っていくのです。

 

山南敬助、新選組から脱走

 

1865年2月、山南敬助は新選組脱走

 

「江戸へ行く」と置手紙を残しますが、
新撰組の掟で脱走は切腹とされていました。

近藤と土方は沖田総司にあとを追わせた結果、
山南敬助は捕まり新選組屯所に連れ戻されます。

 

 

山南敬助の最期

山南敬助は
元治2年(1865年)2月23日
壬生の屯所前川邸の一室で切腹します。享年33歳。

 

 

最後に

新撰組 山南敬助 (人物文庫)

 

この記事では
山南敬助とはどんな人だったのか
何をした人だったのかを
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.